賃貸マンションを売却する前に

マンションを所有していると、処分する際に売るか貸すかという点で迷うことがあると思います。住居用にマンションを購入した人もいれば、投資用でマンションを購入した人もいるでしょう。

 

ただし投資用に購入したマンションですが、思ったより利益が出ないケースも多々あるようです。そこで売ってしまおうとする人もいるのですが、住宅ローンを返済しなければいけないので、結構な資金が必要になってきます。そういうケースでは売れないので・賃貸にこだわるのもありではないでしょうか?ここでそれぞれのメリットやデメリットをチェックしていきます。

マンションを売るメリット

マンションを貸すメリット

 

賃貸マンション売却で一番重要なことは?

もちろん、今住んでいる住民との調整やローンを組んでいる金額の返済等、考慮すべき問題はありますが、一番重要な点は賃貸マンションがいくらで売れるのかという点になります。

 

確かに相場よりも安い価格であれば、売らずに駐車場にしたりと、いろいろな活用法があります。もしくは、リフォームをして満室経営にしたりと何かしらの対策がとれるかもしれません。

 

しかし現在どうしても毎月赤字になってしまうケースは少し安くても早めに売ってしまう方がいいケースもあります。何より赤字になるうえに手間ばかりかかってはやってられないですよね?

 

どちらの状況にせよ、賃貸マンションをできるだけ高く売りたいと思いますので、こちらの不動産一括査定を利用してはいかがでしょうか?お近くの不動産屋との比較材料に使うのもいいでしょう。

 

不動産エージェント

こちらを利用することで、最大6社から賃貸マンションの予想売却価格を知ることができます。もちろん、現時点では買主は決まっていませんのであくまでも目安の価格にはなりますが、相場を知るにはおすすめのサイトになります。

 

マンション売却体験記

こちらのサイトではマンション売却した時の体験談が掲載されていますのでぜひご覧ください。

 

賃貸マンションを売却の注意点!

賃貸マンションを安く売らないための注意点を挙げていきます。

 

@売却する時期を選びましょう!
賃貸マンションですが、オーナーチェンジで入居者がいるまま売却されるケースも多くあります。ですので、一般的な引っ越しシーズンなどにも影響を受けないと言われています。ただし空室物件に関しては若干影響を受けると思いますので、引っ越し時期の多い1月〜3月に売った方が高くなる可能性は高まります。1〜3月の次は9月が引っ越しの多い時期になります。

 

Aバリューアップで高く売る!
空室物件のケースでは、内装をいじることで物件の価値が上がることもあります。単なる原状回復だけでなく・デザインをこだわったり・家具家電付きにすることで価値が上がるケースもあります。そこに入居者を入れてから相場より高く売ることも考えられます。